都心で建てるこだわりの家|プライバシーが心配なら松井産業のような工務店で安心できる家を作る

プライバシーが心配なら松井産業のような工務店で安心できる家を作る

家の模型

都心で建てるこだわりの家

ウーマン

東京でこだわりの家を建てるとなると、これまでは費用がかかりました。施主の希望を叶えるために、材料や設備にこだわり抜き、住みやすい間取りやデザインとなる設計をしなくてはいけません。手間がかかる分だけ施工費用もかさむことになるでしょう。けれども近年需要が高まっているデザイン住宅は、ハウスメーカーが安い単価で建設しています。その特徴は使用する材料を規格化することで、安価に大量生産していることにあります。とは言っても、東京の土地柄に合うデザイン住宅となるように工夫されています。まるでフルオーダーメイドのような感覚で、手頃な費用で建設できるように開発された注文住宅です。もちろん施主の求める住みやすさとなる間取りプランが用意されています。

東京でデザイン住宅を建てるとなれば、まずは土地の仕入れが必要となります。都心は地価の上昇が著しいので、価格も高くなります。その分デザイン住宅の建設費用をいかに抑えるかが課題となります。とは言っても、大事な住宅性能で費用を削減しないことが必要です。さらに東京は夏場がかなり暑くなるので、断熱処理をきちんと行うことが大事です。エアコンの電気代も削減できるので経済的な生活が実現します。けれどもそこで建設費用を抑えてしまうと、その後の生活費用がかさむようになります。住宅建設はその費用をいかに削減するかだけではなく、生活する上でのランニングコストをいかに抑えるかも大事なことです。その点を考慮して設計することが大事です。